<英語でヨガ塾 太陽礼拝A動画講座より 自己紹介>

 

1986年生まれ
一児の母

高校時代は国際学科に所属し、英語の授業も多く、南アフリカ、アメリカ、イギリス、韓国、中国など色々な国からの交換留学生と仲良くなる。高校卒業後、カリフォルニアの短大に留学。

しかし、留学生活は想像以上に大変で、高校時代国際学科である程度英語は勉強していたものの、
”英語は全く通じない、全く何を言われているか分からない”日々を過ごす。

いつも怯えながら生活していたある日、ホストマザーにこう言われる。

「あなたの英語には誰も期待してないのよ!一生勉強したってネイティブスピーカーにはなれないの。だから別に間違えたっていいじゃない。」

いつも失敗ばかり恐れて、「人からどう思われるか?」ばかり気にしていた私がハッとした瞬間だった。

「英語は私の第二言語であって、間違えて当然。完璧になれるはずがない。完璧な英語を話せることよりも”相手を思いやり会話を楽しむこと”の方が大切。英語が下手でも一所懸命話せば想いは伝わるはず」と、意識が変わる。

この考え方が今の自分を作っており、「英語でヨガ」のレッスンを作ったきっかけでもある。

カリフォルニアの短大後は、ハワイ大学に編入し、ハワイの様々な文化、価値観、アロハスピリットに触れる。

大学卒業後は、日本に戻り、東京銀座にある外資系パレルブランドに就職。仕事での公用語は英語。
シンガポール、韓国店の立ち上げスタッフとしても海外に多く出張。
日本、海外合わせて、1,000人以上のスタッフを指導。

この頃から、立ち仕事が多いため肩こりに悩まされ、同僚に勧められホットヨガに通いだす。
みるみるうちに肩こりが改善される。また、ヨガの後はいつも心がリフレッシュしていることに気づく。

より深くヨガを勉強したいと思い、全米ヨガアライアンスRYT200時間の資格を働きながら取得。

しかし、”世の中にたくさんのヨガインストラクターがいる中でどうすれば自分を選んでもらえるか?”と考え始める。

そして、自分の特技は、やはり「英語」だなと思い、
英語もヨガも楽しめる一石二鳥の「英語でヨガ」のカリキュラムやテキストを作成し始める。

その後、自分のステップアップのために以前から興味を持っていたグローバル人材育成の会社に転職。
大手企業のエリート人材を「世界で戦えるグローバル人材」に育成するため、
企業が求める人材を育成するためのプログラム作成や、英語学習の指導など、コーディネーターとして活躍。
計500人以上のグローバル人材育成
のコーディネーションに携わり、マレーシア、イギリス、アメリカなどに海外出張をする。

2016年、結婚を機に地元の京都に戻ったことをきっかけに、
グローバル人材育成の仕事は続けながら、月に数回「Feel the Aloha」をコンセプトに心地よい
英語でのインストラクションとハワイアンミュージックの中でのレッスンを開始。
口コミや日本最大のスキルシェアサイト「ストアカ」などからお客様が多く来てくださり、
「英語でヨガ」のレッスンは毎回満席となる。

2017年、妊娠が分かり、本業の人材育成とヨガのレッスンは一旦お休みし、2018年に娘を出産。
しかし、初めての育児、そして産後の疲れで心と体はボロボロに。軽い産後うつにもなる。

そんな中、ある日、娘と一緒に「ヨガ」をしたところ娘の機嫌がとてもよくなり、ゲラゲラ笑ってくれたことがあり、その頃から、機嫌が悪くなったらヨガを一緒にするという習慣になる。それが、心の余裕となる。

「これは他のママ達にもお伝えしなければ!」と思い立ち、
ベビー&ママヨガインストラクターの資格を娘が生後5か月の時に取得。

ママが少しの間でも育児疲れから解放され、
「ヨガ」と「英語」を通して一緒に楽しみながら体を動かし、
赤ちゃんの時期から英語に触れる機会を作る「英語でベビー&ママヨガ」のオリジナルプログラムを作成。

半年で、150組以上のママとベビーにレッスンを教える。

そして、「京都以外に住んでいるけど受講できないか?」、「英語でヨガを教えてみたい」という、
ヨガインストラクターの方々からのお声をたくさんいただき、
全国どこからでも受講できる「英語でヨガ塾オンライン動画講座」、「オンライン養成講座」を開講2019年から開講。

「英語」と「ヨガ」を通して、人生を「豊かに」、
そして、自分の「可能性」と人生の「オプション」を広げられるサポートが出来ればと思います!

 

<資格>

◆ベビー&ママヨガインストラクター&ベビーマッサージ
◆Yoga Ed.プロフェッショナル・インスティテュート1修了
◆全米ヨガアライアンス200時間インストラクター資格取得
◆シニア向けチェアヨガ資格取得