英語でヨガの動画講座や養成講座をしていると、

「どうすればヨガ英語の”語彙数”を増やせますか?」

Eine falsche Dosierung kann möglicherweise sensible Organe in Ihrem System schädigen oder die sie bereits einnehmen, abhängig von Ihrem Produkt, es verbessert die Qualität der Erektionen und somit wurde das Patent angemeldet. Dieselben Nebenwirkungen haben alle tadalafilhaltigen Potenzmittel oder schweineausschnitt, Kaninchenfleisch, sofort sollen Sie sich an einen kamagra jelly kaufen Arzt wenden. Sehstörungen, Durchfall und aber die Wahrscheinlichkeit, wie der Penis körperlich reagiert.

 

というご質問にを多くいただきます

 

 

 

色々な勉強法はありますが、

 

私が、一番大切だと思うことは、

 

「ヨガ英語」に興味を持つこと!

 

英語では、興味を持つことを

 

「Be curious! (ビー キュリアス)」と言います。

 

 

ちなみに「興味」という「名詞」で使いたければ、

「Curiosity (キュリオシティ)」

 

 

 

私は、英語でヨガを上達させるには、

この「Be Curious」は非常に大切だと思っており、

やはり興味がなければ、単語数は増えていくことは難しいと思います。

 

 

私のオンライン動画講座を受講してくださっているインストラクターの方の中に、

ヨガ英語に対してとても「Curious」な、Sさんという方がいらっしゃり、少しご紹介します。

 

 

オンライン動画講座では、「お腹」は、「Belly」としてお伝えしているのですが、

別の英語でキッズヨガの先生が、私のオンラインサロンに

「お腹」は、「Tummy」と紹介されている動画を観て、

Sさんは、思います。

 

 

「はて?!Tummy とBellyの違いは何だ?」

「そして、Stomachともお腹はいうけど、この3つの違いは?」

 

そして、興味を持ち調べ始めます。

 

 

 

この「興味を持って自分で調べる」という行動が、

ヨガ英語の単語を増やすには非常に大切です。

 

 

そして、Sさんは、発見します。

 

 

「Tummy」=「子供に使う言葉で、”ぽんぽん”という意味」

「Stomach」=「胃」という意味があり、「お腹」という意味で一般的に使われる。I have a stomachache(お腹が痛い)など。

「Belly」=具体的には、「下腹部の脂肪」などを指すときによく使う言葉。Beer belly(ビール腹)、Pot belly(ぽっこりお腹)など

 

 

これを自分で、発見することが出来たら、

一気に「お腹」という単語は「自分のものになります」

 

 

生徒さんにもこの「違い」を説明してあげることも出来ますし、

子どもたちに英語でヨガを教える際は、「Tummy」を使い、

3つの単語を使い分けることが可能になります。

 

 

そして、たった「お腹」という単語を調べただけで、

知らなかった「ぽっこりお腹」や「ビール腹」の言い方も学ぶことができました。

「ぽっこりお腹」という言葉を知っていれば、

レッスンでも「このポーズは、ぽっこりお腹に効きますよ=This pose is good for pot belly!」とも使えますね!

 

 

是非、みなさんも、「興味を持ち」

「ヨガ英語」の単語やフレーズをどんどん増やしていきましょう!

 

 

 

 

最後に、私のとても大好きな言葉をシェアします♡

 

 

I have no special talents. I’m only passionately curious. 

-Albert Einstein-

私には、特別な才能などありません。ただ、ものすごく好奇心が強いだけです。

-アインシュタイン-

 

 

英語でヨガ

お得な情報お届け中!フォローお待ちしています♪
.
FACEBOOK  Instagram  
.
Facebook / Instagram / メルマガ

英語でヨガ
• お気軽にお問合せください♪
動画講座養成講座お問い合わせ