「下手な英語の発音」は子供に移る!?だから話さない!?

 

さて、今日は、英語でキッズヨガ&親子ヨガ、またベビーヨガ&ママヨガ

レッスンを行っていると100%必ずと言ってもいいほど聞かれる、

ママ達からのこの質問についてお答えしたいと思います。

 

 

「私、発音が苦手で、自分の下手な発音が子供に移ってしまい、変なアクセントになったら嫌なので、どうしたらいいですかね?」

 

 

 

結論から言うと!!!

 

 

「安心してください!その下手だと思っている発音でも大丈夫なので、話しかけ続けてください」

(実際には全然下手じゃないと思いますけどね~♡)

 

さて、どういうことかというと、物語形式で解説しますね!

 

 

例えば、

昔、昔、あるところに、発音が苦手だと思っているママがいました。

 

ママは、「りんご」のことを「アッペル(本当はアッポー)」と発音をし、子どもに教えました。

 

そして子供も「りんご」=「アッペル」という発音で覚えました。

 

子どもはリンゴを見れは、いつも指を指して「アッペル」と言います。

 

 

そして、ある日のこと!ママと子供はレストランでランチを食べていたら、

隣に座っていた外国人の人がデザートで「りんご」を食べていました。

 

それを見た子供は、「アイ ウォント ザット アッペル」と言ました。

 

 

その優しい外国人の人は「oh! Apple?」、と「りんご」を一口くれましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

ちょっと、ふざけましたが!

 

結構実は本気です!

 

 

 

このお話、何が言いたかったかというと、

 

「アッペル」で外国人の人に通じているということです。

 

 

コミュニケーションが出来ているということです。

→ココめちゃ重要ポイント!!

 

 

 

「アッペル」だろうが、「アップル」だろうが、「アッペー」だろうが、

恐らくどれでも通じたはずです。

 

なぜなら、文脈やジェスチャー、表情から「その子がりんごがほしい」ということは

外国人の人にはしっかり伝わったからです。

 

 

多くのママは、綺麗な発音ではないと子どもが変な英語になってしまう!!、と

ビクビク怯えていますが(私のママ友も多いですよ)、

 

 

でも、心配しすぎて「りんご」という英語を教えずにいると、

子どもはずっと「りんご」の英語が分からないままです。

 

 

それよりは、少し発音が間違っていても「りんご」という英語をママが

しっかり教えてあげることの方が、子どもは英語を話せるようになります。

 

 

なぜなら英語はコミュニケーションだからです。

完璧に話すことが「英語」ではありません。

 

 

 

 

そして、もう一つ朗報は、

 

「発音は矯正される」

 

 

ということです。

 

何も、ママ一人が悩み、「完璧な発音」を教える責任を持つ必要はありません。

 

大きくなるにつれて、子ども達は、学校や地域のイベントなどで

ネイティブスピーカーに触れる機会が増えると思います。

 

 

その時に、「りんご」って、「アッペル」って思ってたけど、「アッポー」って言うのが

本当は正しい発音なのか!!といつか気づきます。

 

 

日本語だって、子どもは言い間違いや、間違った発音で小さいときは覚えていることありますよね?

それと同じです。

 

 

だから、まずはたくさ~んママが簡単な英語でいいので話しかけてあげてください。

 

 

ちなみにかけ流し英語は、直接話すコミュニケーションと比べると効果激減ですので、

(やらないよりはマシですが)

 

ママが話しかける!を意識してくださいね~

 

 

 

ということで、熱く「発音」に語りましたが、

 

 

実は今、10月開講に向けて「英語でべビー&ママヨガ」の養成講座

カリキュラムを作っています!

(既に募集前ですが2名様確定しております)

残り2名募集!

 

そこでは、発音についてや、子育てにヨガと英語を取り入れる方法も

入れていこうと思うので、また少しずつお伝えしていきますね~♪

 

 

英語でヨガ

お得な情報お届け中!フォローお待ちしています♪
.
FACEBOOK  Instagram  
.
Facebook / Instagram / メルマガ

英語でヨガ
• お気軽にお問合せください♪
動画講座養成講座お問い合わせ